本日発売のスタンドアローン型VRヘッドセット、Oculus QUEST 2を購入しました!
実は僕、過去にPSVR、Oculus Rift、Oculus Goと3つのVRマシンを渡り歩いてきてこれが4台目という、なかなかのVRっ子だったりするんです。
今までのVRマシンとは、あまり長く付き合えませんでしたが、今度のOculus Questは発売前レビューを見てると、VR業界に革命を起こすかもしれないってレベルに絶賛されていたので、期待大です。
それでは、開けていきましょう!

▼箱から取り出すまで
ド素人の開封の儀なんてどうでもいいと思いますので、チャチャッといきます。
Oculusの梱包のオシャレさだけ、伝わってくれれば…。
2020-10-13-21-39-42-860
QUEST2は店頭販売を前提にしてるからか、
コンパクトながらインパクトのある箱です

2020-10-13-21-39-34-367
外箱をスライドさせると、
中からは地味な箱が出てきます

2020-10-13-21-41-04-764
でも開けると、宝箱感ある!

2020-10-13-21-41-16-043
メガネっ子なので、メガネスペーサー(左上)を
取り出してスタンバイ完了

▼装着した感想
よーっし、革命的なVR生活の始まりだ!
でもね。まず最初に言わせてもらいたい。

メガネっ子をないがしろにし過ぎじゃない?


Oculus Rift、Oculus Goと、過去にOculusシリーズを2機種触ってきましたが、QUEST 2ほどメガネを装着してのプレイが厳しかったことはないです。
上で挙げましたが、メガネスペーサーという恒例のアタッチメントパーツがあって、それを装着することでレンズと顔の間のスペースを広げて、本体のレンズとメガネがぶつかることなくVRを楽しむことができていました。

今回のメガネスペーサーは取り出した時から「今までのより、だいぶ細くて薄いな」って印象でした。
でも最新の技術改革とか不思議な力で、薄くても大丈夫になったんだろう。と、メガネをかけてプレイしてみたんですよ。
そしたら、

本体レンズとメガネ、めっちゃぶつかる。

よいしょ!と装着(本体が狭めなので、結構気合がいる)してみると、カツッ!と本体の中でメガネとレンズがぶつかる音がした気がして不安を覚えつつも、しばらく装着してから外したら、顔からメガネが持っていかれてその先でレンズとメガネが密着した状態になってるという。
そして恐る恐る本体レンズを見てみたら…。

レンズに小さな傷が無数に。

もうね、ふざけんなよ、と。
自分みたいな乱視持ちでコンタクトが苦手な人間には、メガネは必須アイテムなんですよ。
医療器具なんですよ!
今までのoculusシリーズでは、メガネがないとロクにVR体験できなかったんだから!

スペックアップのため、既存の機能をオミットしてコスト削減したって話はレビューで読んでましたが、ここ削っちゃダメだろ!!!!

そんな最悪の出会いを経て、裸眼でプレイできるかどうかを模索するところから、新たなVR生活は始まるのでした。

▼VRダイエットへの道
裸眼で色々試してみたところ、今までに比べて解像度が上がってるせいか、ゲームだったらなんとかなりそう、という結論に至りました。
そして、のっけからdisりまくってましたが、話題のアレを導入することで手の平が大回転!

話題のアレ
beat-saber-full-release-01
『BEAT SABER』 です!

流れてくるブロックを、音楽に合わせて二刀流のライトセーバーで切るVR音ゲーですね。
VR界隈では圧倒的に売れてるやつらしいです。
ガチでやるとフィットネスばりに運動量があるという噂だったので、ダイエットを始めた時から、これを使って運動出来たら楽しそう。と期待していました。

メガネを使わずにプレイしてみたところ、ちゃんと音ゲーできました!
ブロックだけじゃなく、自分を押しつぶすような壁も流れてくるので、避けられなかった時の、死んだ!感はVRの醍醐味を味わった気がします。

2曲ほど試しに簡単な譜面をやってみたところ、腕が疲労でプルプルしてました。
そして感じる体温の上昇。

これは運動になる!!!そして楽しい!!!

Oculus QUEST 2が、楽しく有酸素運動ができるツールになった瞬間です。
映像などの本来の用途での出鼻は挫かれましたが、フィットネスマシンとして我が家に根付いてくれそうです。

もし音ゲーに飽きたとしたらガチのフィットネスVRゲームもありますからね!

FIT XR』
maxresdefault
強そう

Oculus Storeのゲームは、購入してみて合わなかったら、2時間以内のプレイなら返金が可能というところも優しいですね。FIT XRはどうなんだろう。ドキドキ。強そう。
明日からVRダイエット、頑張るぞー。

▼ひとまずのまとめ
Oculus QUEST 2は買いかどうか、と問われたらメガネを使ってない人にはかなりオススメです。
スタンドアローンで最上級クラスのVRが遊べる、観れるというのは、黎明期からVRマシンを触ってきた人間としては良い時代になったなって、素直に思います。

だからこそ、指標がユーザーのメガネ依存度次第というのが哀しくて。
自身は、視力はすごく悪い(両目0.1以下)のに、日常生活を送る分には裸眼で支障がない偽メガネっ子なので、ゲームやる時に裸眼でもどうにかなりました。その辺は本体スペックの向上による部分が大きいと思います。
でも、メガネがないと何も見えないレベルの人は、たぶん相当キツイんだろうなと。

正直なところ、もしBEAT SABERを裸眼でやってみて、ボヤけてVR感が無ぇ!ってなってたら、即日手放していたと思います。

まぁ、こんだけメガネ周りdisっといてアレですが、Oculus QUEST 2は良いマシンです。
プリインストールのゲームとか、未来が詰まってましたよ未来が!
新しい世界の扉を開いて、VRライフを始めてみませんか?



P.S.
紳士の皆様が気になっているであろうOculus Linkを使っての『VRカノジョ』とか、『カスタムオーダーメイド』のプレイに関してはまたいつか。
先に述べると、『VRカノジョ』はOculus Riftよりもプレイしやすかったですよ!!!